離婚することになったのでマンションを売却しました

誰もいなくなった家を査定してみた

自分が働いている意義について疑問に感じるようになり、新しく人生をやり直したいと考えるようになりました。
子供はかわいいので、自分で引き取って育ててもいいから、理解のない妻とは別れたいと考えるようになりました。
そんな自分の考えと同じように、妻も離婚したいと思っていたようで、ある時、離婚を切り出したらすんなり応じてくれることになりました。
子供は結果的に妻が引き取ることになりましたが、養育費を支払わなければなりませんし、子供のためにも教育費などをちゃんと払いたいと考えています。
妻は実家に帰るということになったので、それなら今まで住んでいたような広いマンションは必要ないと考え、売却することになりました。
自分は独り暮らしになるので、もっと狭い賃貸物件で十分だと感じたからです。
それに新築マンションだったことから、まだそれほど購入してから値下がりをしていないことも知っていたので、地元の不動産業者に相談をしました。
査定をしてもらったところ、さいきんマンション周辺の開発がかなり進んでいて地価が高くなっているということから、購入したときよりも査定額を高く出してくれたので驚きました。
手数料を引いても購入時より高く売却できたので、残っていたローンは一括で返済し、一部を妻に譲ることにしました。
残りは将来の子供の教育費のために貯金することにして、新しい生活をスタートさせることにしました。

家族ができて嬉しかった : 妻と喧嘩が絶えなくなって… : 誰もいなくなった家を査定してみた